将棋・麻雀

羽生先生から学ぼう。将棋本「上達のヒント」の書評(レビュー)

どうもmasaです。

皆さん将棋を楽しんでますか。私はめちゃくちゃ楽しんでます。

時間があったら将棋を指しているという生活ですw将棋はお金もそんなにかからず、
頭のトレーニングにもなる実利もあるほんとにいい趣味だと思います。

スーパーの横にいるおじさんたちが雨の日も、雪の日も将棋を指しているのですが、それだけ面白いものなのだと思います。

http://aimar1025.sakura.ne.jp/2018/11/18/post-1873/

そこで今日は将棋の本についての書評を書きたいと思います。

今日紹介する本は上達のヒントです。

これは羽生さんが書いた本なのですが、非常におすすめです。

羽生さんは棋界初となる七冠達成しました。公式戦で打ち立てた数々の偉業、そして普及面でも忙しい合間を縫って自腹で海外へ出かけるなど、精力的に活動しておられます。

そしてそのかいもあってか、最近では日本だけでなく海外でも日本の将棋が話題となり、多くの棋士が海外で生まれています。そんな情勢の中、この本は海外に向けて本を出さないかと頼まれ、「habu's word」を書いたらしいのですがそれをもとに作られたのが本書です。ですので基本海外の棋士の対局を題材としていて、場面場面の解説を羽生さんが行うという流れになっています。

中盤で何したらいいかわからないとお悩みの方にはかなりおすすめの内容となっています。少し難しいので、初級者にとっては少し厳しいのですが中級者の方にとっては目からうろこの内容だと思います。盤に実際駒を並べながら読むとより吸収できるのではないかと思います、

この本のすごいところは感覚で感じられる部分をできる限り理論的に書かれているところです。羽生さん曰く、将棋はゴルフ以上にバンカーが多いゲームで、そこからうまく抜け出すことが将棋の大半を占めるとおっしゃっています。この本はうまくバンカーショットが打てるための本です。今までよくわからないけど、何となく負けているという人にとっては大きな助けになるのではないでしょうか。

それでは将棋ライフを楽しんでいきましょう。

それじゃーばいびー!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人

masa

こんにちは、masaです。 阪大薬学部出身です。できる限り皆さんのお役に立つ、面白い記事を書いていこうと思っています。よろしくお願いします。 詳しいプロフィールはこちら

-将棋・麻雀