将棋・麻雀

実戦から四間飛車を学びたい。将棋本「名局集 四間飛車」の書評

どうもmasaです。

皆さん将棋を楽しんでいますか?私は毎日将棋を指しています。

将棋は本当に奥深く、面白いので多くの人に始めてほしいです。

http://aimar1025.sakura.ne.jp/2018/11/18/post-1873/

そこで今日は私のお勧めする将棋本を紹介したいと思います。

今日紹介する将棋本は名局集 四間飛車です。

この本は棋譜全集です。

将棋を初めてある程度指し方がわかってくると、はじめてみたくなるのが棋譜並べだと思います。棋譜並べは、プロが指した棋譜を見て自分で再現するというものですが、再現するだけでもプロになった気分を味わうことができ、とても面白い。最初は指し手の意味が分からないかもしれませんが、やっていくうちになぜこの手を指すのかというのが見えてくるようになります。

この本では四間飛車の棋譜が集められています。この本は戦型でシリーズ化されており、角換わり、横歩取りなどの他の戦型を集めたものもあるので、それらの戦型を使う方はそちらをお求めになったらいいと思います。全部で100局の対局が収められており、一手一手について解説もついているのでなぜその手が指されたかもわかるようになっています。実戦形式で四間飛車を学ぼうと思ったらこの本一択になると思います。特に四間飛車党というかたはかなり多いと思うので、多くの人が読んでためになると思います。値段は2800円と少しお高いですが、内容を考えるとコスパはいいと思います。

また居飛車党の方でも、四間飛車の強み、弱みを知ることができるので有用かと思います。

四間飛車といえば、藤井猛先生というほど四間飛車使いの先生がいるのですが、この本でも藤井先生の棋譜が多く取り上げられています。四間飛車党の方々の中には藤井先生のファンという方が僕を含め多くいると思いますので、そういった方にとってはこの本は絶対買いだと思います。

藤井先生の四間飛車についての本を読んで、四間飛車について勉強した後に、この本で実戦形式で学ぶことで、効率よく四間飛車について学ぶことができると思います。

私も四間飛車をマスターして、将棋をもっと強くなりたいと思います。

目指せ、藤井聡太先生ですねw

それじゃーばいびー!

  • この記事を書いた人

masa

こんにちは、masaです。 阪大薬学部出身です。できる限り皆さんのお役に立つ、面白い記事を書いていこうと思っています。よろしくお願いします。 詳しいプロフィールはこちら

-将棋・麻雀