大学入試

難関大学に受かるための受験勉強の仕方~英語編~

どうもmasaです。
今回は数学に引き続き受験英語について語りたいと思います。
英語の勉強は基本的にリーディングとライティングに分かれると思います(最近はリスニングもセンターで課されるようなのですがそれは後日話します)
まずリーディングの勉強法について説明します。リーディング力は大きく分けると構文解析力単語力に分かれると思います。そこでまず構文解析力を上げるために具体的にする方法としましては、基礎英文問題精講という本を勉強してください。

どのように勉強するかですが、まず自分で英文を訳します。そして、これ以上無理となったら、解説を読みながら細かく構文、文法を解析します。そして解析が終わったら次は解析した文を20回以上音読します。この時漫然と音読するのではなくしっかり意味を思い出しながら音読します。
そうすることで頭で覚えた知識を自分の体にしみこませるのです。リーディングに関しては多くの偉い先生方がおっしゃっていますが、音読が欠かせないと思います。本当に効果のある勉強法なので、早いうちから身に付けてほしいと思います。そして次に単語力ですがこれは速読英単語という参考書を使ってください。

この参考書は英文を読みながら単語を覚える方式になっており、やり方としてはまず英文を訳します。そして解答を読み、正確に意味を理解します。その上でやはり音読です。音読の回数は一つの英文対して一日10回が目安です。そして次の日は前にやった英文とその日にやった英文の音読を10回ずつ行うといったやり方で進めてください。たださすがに50回位音読するのが限界だと思いますので5日やったら次は4日分だけさかのぼって音読してください。(もっとできるという人はもちろんやっていただいて構いませんw)この二つの事をやるだけで基本入試に必要なリーディング力は身に付きます。これら二冊の勉強が終わったら入試過去問に挑戦する、他の英文集を読むなどして自由に勉強を進めてください。たぶん自分が英文をスラスラ読めることにびっくりすると思います。
次にライティングですが、これは英作文問題精講などを使って例文をストックすることが必要となります。

とにかくこれを使って音読もしながら自分の体の中に例文をストックしてください。そうすれば、必ず応用して自分で英文を構築できるようになります。
大体おおまかにはこんな感じです。質問などありましたらどしどし質問してください。できるかぎり返答したいと思います。

それじゃーばいびー!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人

masa

こんにちは、masaです。 阪大薬学部出身です。できる限り皆さんのお役に立つ、面白い記事を書いていこうと思っています。よろしくお願いします。 詳しいプロフィールはこちら

-大学入試