将棋・麻雀

勇気をもらえる、伊藤女流ほぼ必死からの大逆転劇

[chat face="1489218F-CF97-4023-A516-94855EF01695-3-1.png" name="masa" align="left" border="gray " bg="gray "]

どうもmasaです。

[/chat]

おはようございます。今日も天気よさそうでよかったです。

私はよくyoutubeでいろいろな動画をみます。私の趣味はブログにも何度も書いていますが将棋です。そのためよくプロの対局の動画を見ています。

そしてその中で皆さんに知っておいてほしい動画がありましたのでそれを今日は紹介したいと思います。

それは劇的な逆転についての動画です。

伊藤さえ女流加藤桃子女流との対決で起きた出来事でした。加藤桃子女流はこの時負け知らずの女王で、伊藤さえ女流も粘りを得意とする実力者です。今回もその粘りの将棋が爆発します。

終盤伊藤さえ女流の玉は必死にかけられました。必死とは文字通り次に相手の玉を詰まさないか、状況を何とかしなければ詰む状況です。しかも相手の玉はかなり安全な位置におり、正直もう投了してもおかしくない場面でした。

そこから伊藤さえ女流の究極の粘りが始まります。持ち駒は飛角金銀歩です。

通常こんだけあっても何もない状況から相手の王を詰ますことは至難の業なのですが、そこから詰ましにかかります。

王手の連続を繰り返し、相手陣地にあった加藤桃子女流の王はなんと伊藤さえ女流の玉のいるところまで引っ張り出されました。

そしてついに伊藤さえ女流の玉を必死に縛っていた銀をどけるまでに至りました。そして逆王手にまで持ち込みました。

そして加藤桃子女流の王が逆に必死になり、王手の連続をかけてくるのですが、それを華麗にかいくぐり、勝ちを手にしたのでした。

この動画をみておもいだしたのはスラダンの安西先生の言葉です。諦めたらそこで試合終了ですよ、これです。あれは漫画ですが、今回は現実です。マジであのレベルの軌跡だと思います。

諦めるのは簡単で、一見潔いようにも見えるかもしれません。しかしこの動画をみて、あきらめないことの重要性を再確認させられました。

ほんとに究極の逆転というのがあるんですね。

自分は色んなことで形勢が悪くなるともうだめだと思うことが多かったのですが、この動画を見て、簡単にあきらめるもんじゃないなという気持ちになりました。

本当にいいものを見ることができました。もし何かに打ち込んでるけど、困難に負けそうという方がいらっしゃったらぜひこの動画で力を貰ってほしいと思います。

それでは将棋ライフを楽しんでいきましょう。

[chat face="1489218F-CF97-4023-A516-94855EF01695-3-1.png" name="masa" align="left" border="gray " bg="gray "]それじゃーばいびー! [/chat]

それじゃーばいびー!


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人

masa

こんにちは、masaです。 阪大薬学部出身です。できる限り皆さんのお役に立つ、面白い記事を書いていこうと思っています。よろしくお願いします。 詳しいプロフィールはこちら

-将棋・麻雀