将棋・麻雀

ひふみんもびっくり。若き日の羽生先生の指し手「伝説の5二銀」

masa
masa
どうもmasaです。

またまた将棋の動画のお話です。私が将棋にはまっているのは皆さんご存知だと思うのですが私は将棋を指すのも好きですが、見るのも好きで、時々youtubeなどでプロの対局を見たりしています。

そこでとても面白い動画がありましたので紹介します。プロの対局はかなり時間が長いので、すべて見るのはしんどいのですが、解説動画とかがありますのでそちらを見ることをお勧めします。

紹介したい動画は伝説の5二銀です。

将棋界のレジェンド羽生先生の指した手なのですが、相手も棋士としても人柄でも有名な加藤一二三先生です。

羽生先生は今でこそ永世七冠とか言われており、当時も有名ですがそれでもまだ加藤先生の格下でありました。加藤先生は神武このかたの天才といわれるほどの棋士で、しかも脂がのった全盛期でした、しかし、羽生先生がそんなことを感じさせない指し回しをしたのです。

序盤は羽生先生が加藤先生の十八番である棒銀で攻め、端をつくという作戦で始まりました。局面は終盤だったのですが、羽生先生の指した手は端攻めだったのですが、飛車が早くも捕まってしまいます。

しかしそこも羽生先生の狙い通り。香車を使って相手玉を縛ります。ただ、この時点では加藤先生もそんなすごい手はないだろうと思っていたみたいで、無難な一手を指すのですが、そこで羽生先生が指した手が5二銀です。

この手が出た瞬間加藤先生の顔が一変します。そして玉を逃がしますが、もう時すでに遅し。羽生先生の狙い通り、あっという間に加藤先生の投了となりました。

いやー鋭かったですね。ほんと。羽生先生さすがといった感じです。しかも羽生先生が若い時の動画なのですが、5二銀を指しても顔色一つ変えないクールな表情は羽生先生の器の大きさを感じます。私だったら確実にどや顔していると思いますw

また、この動画での解説は米長先生のですが、米長先生の解説もユーモアがあって面白いので合わせてみてみてください。

同じく平成の天才藤井聡太先生も伝説級の指し手をしており、それは別記事👇で紹介しているのでよければみてみてください。やはり天才と呼ばれる人はどこかで伝説を残すものなのですね。

それでは将棋ライフを楽しんでいきましょう。

masa
masa
それじゃーばいびー!

それじゃーばいびー!

\\
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

ABOUT ME
masa
こんにちは、masaです。 阪大薬学部出身です。できる限り皆さんのお役に立つ、面白い記事を書いていこうと思っています。よろしくお願いします。 詳しいプロフィールはこちら