大学入試

元阪大生が東北大の入試問題を解いてみた

どうもmasaです。

今日も頑張っていきましょう。

いきなりですが受験生の皆さん受験勉強お疲れ様です。

今日は久々に受験シリーズをお送りしたいと思います。なので受験生じゃない方は飛ばしてもらっても構いません。

何をするかといいますと

元阪大生が今年の東北大学の入試問題を解いてみてどれくらい解けるのか検証してみたいと思います。一応言っときますが受験したときからもう10年近くたってます。数学は趣味でやってはいますがたかが知れています。それを踏まえてどうぞ!

元阪大生が東北大の入試問題を解いてみた

領域の問題ですね。大学への数学での評価はBでした。受験時代は必須の範囲だったので得意でしたが、今回は少し苦戦しました。束の考え方を忘れてしまっていたんですね。しかし、何とか思い出し、解ききることができました。所要時間20分程度でした。

私の解答

確率の問題ですね。いやこの範囲は受験期は得意でしたね。特に漸化式を作って解く問題は難関大で必須だったので解きまくった印象がありますが、今回は基本的な問題でした。こちらも大数の評価はBでした。

シグマを使って難なく終了。所要時間20分程度

私の解答

整数の問題です。この辺から難しくなってきましたね。解答は少ないけど発想が難しい問題は苦手だったので、今回も苦戦しました。(1), (2)はなんとかできましたが(3)はわかりませんでしたwまあ現役じゃないのでこんなもんでしょう。ちなみに大数の評価はCでした。

私の解答

三角関数の問題ですね。(1)が一番難しかったです。(2), (3)は式変形にすぐ気づいたので難なく解くことができました。しかし本番だったら(1)とかでつまずいて時間をロスってるかもしれ
ません。所要時間は25分程度。大数の評価はCでした。

私の解答

複素数の問題です。この手のタイプの問題は受験では必須ですね。(1)は難なく解けましたが、(2)は方針が決まらず、結構な時間を費やすが全然わからなかったです。所要時間は30分。
大数の評価はCでした。

私の解答

(1)は丁寧に書くというだけのサービス問題なので落とすわけにはいきません。(2)はこの手の問題(直線を軸として回転させる) は青チャートにもありましたがもうときかたおぼえてませんでしたw全然検討もつかなかったです。所要時間は25分。大数の評価はCでした。

私の解答

まとめ

これでとりあえず終了です。問題の総評としては難易度はまあまあ難しい気がしました。ただいたずらな難問が多いといいうわけでなく良問が多いといった印象でさすが東北大といった感じでした。時間的には全部解けていないのですがまあギリ時間内で解けるかなといった感じです。

出来は甘く見積もって1〇2〇3(1)〇(2)〇(3)X4〇5(1)〇(2)X6(1)〇(2)X

でした。大体6~7割といったとこでしょうか。議論不足で引かれるところもあると思うので6割が妥当かもしれません。いやでも受験期に阪大よく受かったなって感じです。しかもこれは家で解いたので緊張もないですから本番だったらもっと解けていないと思います。数学得意と言ってたのですが、これからは言えないですね。修行しなおしたいと思います。それと解答の字が汚いのは許してくださいw

では受験生の皆さんも志望校合格目指して頑張ってください。

それじゃーばいびー!

私はこれで勉強しました👇

 icon-pencil 今日のことば

誰よりも三倍、四倍、五倍勉強する者、それが天才だ。
野口英世の言葉です。受験生の皆さん勉強はつらいかもしれませんが必ず努力は実ります。諦めずに頑張りましょう。

  • この記事を書いた人

masa

こんにちは、masaです。 阪大薬学部出身です。できる限り皆さんのお役に立つ、面白い記事を書いていこうと思っています。よろしくお願いします。 詳しいプロフィールはこちら

-大学入試