大学入試

元阪大生が神戸大の入試問題を解いてみた

どうもmasaです。

今日はお疲れさまでした。

いきなりですが受験生の皆さん受験勉強お疲れ様です。

今日も受験シリーズをお送りしたいと思います。なので受験生じゃない方は飛ばしてもらっても構いません。

何をするかといいますと

元阪大生が今年の神戸大学の入試問題を解いてみてどれくらい解けるのか検証してみたいと思います。あと一応言っときますが受験したときからもう10年近くたってます。数学は趣味でやってはいますがたかが知れています。それを踏まえてどうぞ!

元阪大生が神戸大の入試問題を解いてみた

ベクトルの問題です。基本的な知識を問う問題で、ここは落とせません。計算量もそこまで多くないので完答を目指したいところ。私のほうもここは解けました。大数の評価はBでした。
所要時間は20分でした。

私の解答

これは微分と極限の問題です。少し抽象的で難しかったですが何とか解くことができました。
個人的にはこれがどこまで解けるかが合否に直結する気がします。
大数の評価はBでした。所要時間は20分でした。

私の解答

確率の問題です。こちらも特に難しい知識を使うことなく、整理だけしっかりしていれば解ける問題なので落としたくないところです。大数の評価はBでした。所要時間は20分。

私の解答

整式と複素数の問題です。この問題は慣れが重要になってくると思います。この手の問題を解いていた人に関してはそこまで難しくはなかったはず。大数の評価はBでした。私も特に問題もなく解けました。所要時間は20分。

私の解答

積分の体積を求める問題です。ここまで順調に解くことができましたが最後に落とし穴が待っていました。この問題はかなり難しい部類だと思います。正直(1)以外は全然わかりませんでした。大数の評価はCでした。

私の解答

まとめ

これでとりあえず終了です。問題の総評としては難易度は普通だった気がしました。問題の質としては良問が多かったと思います。時間的には余裕があって見直しもできるかなという感じです。

出来は甘く見積もって1 〇2 (1)〇(2)〇(3)X 3〇 4 〇5 (1)〇(2)X(3)Xでした。大体7割といったとこでしょうか。まあまあ検討したのではないでしょうか。しかし神戸大侮るなかれですね。結構骨のある問題もあった気がします。

では受験生の皆さんも志望校合格目指して頑張ってください。

それじゃーばいびー!

私はこれで勉強しました👇

 icon-pencil 今日のことば

壁というのは、できる人にしかやってこない。超えられる可能性がある人にしかやってこない。だから、壁がある時はチャンスだと思っている。
イチローの名言です。この言葉をもとに受験生の皆さんも壁ができてもそれはチャンスだと思って頑張ってください。

  • この記事を書いた人

masa

こんにちは、masaです。 阪大薬学部出身です。できる限り皆さんのお役に立つ、面白い記事を書いていこうと思っています。よろしくお願いします。 詳しいプロフィールはこちら

-大学入試