自己啓発・読書

本選びに困ったら読んでほしい!本を選ぶときに私が考えていること

[yswp_speech_balloon type="r" name="masa" image="http://aimar1025.sakura.ne.jp/wp-content/uploads/2019/05/20181211_092451.jpg "]どうも、masaです。[/yswp_speech_balloon]

相変わらずの社畜生活を送っております。
そのため日々ストレスがたまるので、週末のリフレッシュは絶対に欠かせません。
私は趣味が将棋と麻雀なので、週末は基本そのどちらかをしているのですが、時々読書もします。ですので今日は少ない読書経験しかありませんが、私が読む本を選ぶときに考えていることを紹介したいと思います。

まず私が、本を選ぶときに見るのが誰がその本を書いているかです。これはかなり重要で、薬剤師や医者でもない方が薬のことを書いている本とか、よくわからない経歴の人が書いた本は基本読みません。確かに、経歴だけではいい本か判断はできませんが、確率的に考えるとやはり、専門家が書いている本のほうが情報、考え方がしっかりしていると思います。
次に見るのが目次です。おすすめはしませんが、よく僕は小学生の時あらすじだけを見て読書感想文を書いていました。なんとなくあらすじとか目次を読むだけで内容ってわかるんですよね。目次はその本の骨格となる部分だと思うのですが、そこがしっかりしていない本はあまり面白くないと判断してもいいと思います。もちろん骨格がいいだけで、その本がいいとは限りませんが、基本骨格がしっかりしていない本はあまり内容もよくないということが多い気がします(必要十分の考え方です)。そしてもう一つ僕が心がけているのが、自分が学びたい分野を見つけたら、その分野の本だけを集めて読むのですが、基本同じ作者が書いている本を読むようにしています。もちろんこれはメリットもデメリットもあります。まずメリットですが、同じ作者が書いていることなので、同じような表現が何度も出てきます。なので、回数を重ねることで自分の中にしっかり記憶づけることができるということです。人間は忘れる生き物ですし、一回聞いたことを応用できるほど賢くはないと思っています(できる天才がいたらすいませんw凡人の僕には無理です。)なのでいろいろな言葉で理解するほうがいいと思います。あともう一つメリットがあってそれは理論が一貫しているということです。何かを学び始めるとき、基本的に自分の中にはその分野に対してほとんど理論はありません。なので情報を仕入れ、理論を組み立てるのですが、そのときにプロの理論を拝借するということです。もちろんプロの言っていることを鵜呑みにするだけではだめだし、新しい考え方が生まれないので弊害もありますが、やはりプロの意見を参考にしたほうが効率がいいと思っています。この世にあふれている理論で完全なオリジナルなんてものはほとんどありません。新しいことを生み出し続けている印象の科学でさえ、基本は元からある概念に少し自分の考えを上乗せをしているだけということが多いと思います(ごくまれにとんでもない発想、論理の跳躍を生み出す天才もいますが、僕は天才ではないので関係ありませんw)大体は、ある基本軸にその人のオリジナルが少しだけ加えられているものばかりなのです。だから私は同じ人が書いた本を何冊か読むようにしています。1冊だけでいいんじゃないのと考える人もいるかもしれませんが、さすがに本1冊では著者の理論を書ききることはできないのではないかと思います。だからこの同じ著者の本を何冊か読むというのはあながち間違っていないのではないかと思います。ただし、この読み方にはデメリットもあります。それは視野が狭くなるということです。例えばある事象に対して否定的な意見(ゲームは人をだめにするとか)を書いている人がいたときに、その意見しか身につけないことになってしまうということです。ただ最近読んだ読書法の本に書かれていたのですが、本を読むときに常に書いていることに自分の意見を加え、否定的に読むことでこのデメリットは少し解消されます。
以上から、一番いいのは何冊か同じ人の書いた本を読んで、その分野の理論を大体構築してから、別の人が書いた本を読んで理論を精錬させるのがいいのではないかと思っています。ただし気を付けてほしいのは、初めにしっかり信頼できる著者を選ぶということです。だからその著者選びには必ず時間をかけましょう。著者の経歴、考えが自分に合っているか、ロングセラーになっているかなどいろいろ考えてから選びましょう。
人生はそんなに長くないですし、働いている方であれば読書にかけることのできる時間は限られています。だから、この世に多数存在する読まなくていい本(もちろんしょうもない本はないと思いますが、自分が読まなくてもいいという意味です)を排除し、自分のためになる本を読んでいってほしいと思います。皆さんもこの記事を少しでも参考にして、読書ライフを楽しんでいただければ幸いです。

[yswp_speech_balloon type="r" name="masa" image="http://aimar1025.sakura.ne.jp/wp-content/uploads/2019/05/20181211_092451.jpg "]それじゃーばいびー![/yswp_speech_balloon]

  • この記事を書いた人

masa

こんにちは、masaです。 阪大薬学部出身です。できる限り皆さんのお役に立つ、面白い記事を書いていこうと思っています。よろしくお願いします。 詳しいプロフィールはこちら

-自己啓発・読書