情報

エクセル初心者脱出。事務職の方必見。エクセルを勉強するうえで使える本


masa

どうもmasaです。

相変わらず社畜生活を送っています。私は現在事務系のお仕事をしています。
そして同僚のリーダーにめちゃめちゃパソコンに詳しい方がいるのですが、その方から
エクセルについて教えてもらっています。
エクセルは本当に奥が深く、使いこなせることができたら、かなり業務がはかどるのではないかと思っています。そこで今日はエクセル初心者の方に向けてエクセルについて何を勉強すべきなのかということを簡単にまとめたいと思います。それではどうぞ!

エクセル初心者脱出。事務職の方特に必見。エクセルにおいて勉強すべきことと使える勉強本

エクセルで基本出来ること

エクセルで基本出来るのは計算数の整理だと思います。関数を駆使して、様々な計算を行ったり、その計算結果から表やグラフを作成したりすることができます。具体的には、事務系の仕事であれば、何かPDFファイルにある法則にしたがったファイル名を付けたいときに使えたり、身近な例であれば家計簿なんかを作るときにもエクセルを活用することができます。とにかくエクセルは便利で使いこなせるようになれば様々なことに応用できます。

エクセルにおいて学ぶべきこと

エクセルに置いて学ぶべきこと最初の段階は、ランダムな数字をまとめて表にするということだと思います。エクセルは表を作ることに適しています。そしてさらにやるべきことは関数を覚えることです。エクセルにはご存知の通り、SUM、AVERAGEの基本的なものからVLOOKUPやIFといった様々な関数が備え付けられています。これらをうまく組み合わせて使うことで様々なことができるようになるのです。
関数の勉強には次に挙げる本で勉強するのがいいと思います。

この本のいいところはその関数を覚えると実際どのようなことできるのかが明確に書かれていることだと思います。なので、最初から読み進めるのでなく自分の必要な場面から読んでいくのがいいと思います。立山秀利さんの本は良書が多いです。

次に学ぶべきはそれらの関数を使ったデータの集計、抽出だと思います。これらを勉強するのにもかなりいい良書がありまして次の本です。

この本のいいところデータの集計・抽出における多くのテクニックが網羅されているのと常にゴールが設定されているので何をすべきか、そしてどういうときに使えるかがわかりやすいです。かなりおすすめ。

そしてもうひとつ学ぶべきことは、ピボットテーブルです。この機能はかなり有用だと思います。これを使えばデータを集計する能力が飛躍的にアップすると思います。ピボットテーブルを重点的に勉強しようと思ったら次の本がいいと思います。

とても分かりやすく必要十分な情報が載っています。

そしてもう一つエクセルで学ぶべきことはVBAマクロです。これはエクセルの機能を最大限に生かすために重要なプログラミングです。これをVBAを学べば、何度も同じことをする作業をすべてコンピューターにやらせることができるようになります。かなりの時間削減ですね。VBAマクロを勉強するのに適した本が👇

この本も立山さんの本でとても分かりやすく勉強になります。とりあえずはこれでマクロというものはどういうことができるのかを理解し、さらに網羅的に書かれた本で勉強していけばいいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?エクセルは苦手意識を持ってしまっている人が多いと思いますが実際使いこなせるようになればかなりの仕事効率のアップにつながるのでどんどん勉強してほしいと思いますし、自分ももっともっと勉強していきたいと思います。いずれはコンピューターがすべてやってくれる時代が来るかもしれませんが、その仕組みを知っておくことで仕事を奪われないようにするためにもしっかり勉強していかなくてはと思います。


masa

それじゃーばいびー!

プログラミングスクール紹介

今回でプログラミングやエクセルに興味を持った方は👇のプログラミングスクールもご検討ください。









ABOUT ME
masa
こんにちは、masaです。 阪大薬学部出身です。できる限り皆さんのお役に立つ、面白い記事を書いていこうと思っています。よろしくお願いします。 詳しいプロフィールはこちら