自己啓発・読書

何かを続けるのが苦手な人に見てほしい。物事を続けるコツ。


masa

どうもmasaです。

お疲れ様です。4連休いかがお過ごしでしょうか。

旅行に行ってる方もいれば、この休みに何か新しいことを始めようとしている人もいるかもしれません。

ただ何かを始めるのはいいけど、なかなか続かないという経験ありませんか。

僕も学生時代は勉強をしても全く続かず、3日坊主で終わっていたのですが、あることに気づいてから、続けることがそこまで苦手ではなくなりました。

そのコツを今回紹介したいと思います。

何かを続けるのが苦手な人に見てほしい。物事を続けるコツ。

物事を続けられない人の特徴

これは昔の私にも当てはまるのですが、物事を続けられない人とというのは続けるということを甘く見すぎているのではないかと思っています。

実際何かを続けるということはそんなに簡単なことじゃないです。

まず誘惑があります。例えば勉強しようと思っても、ゲームがしたかったり、ドラマが見たかったり、スマホをいじりたかったりとたくさんの誘惑があります。

そして、これらの誘惑をうまくかいくぐったとしても次は、やっても意味がないとかすぐに評価が得られないという壁がやってきます。

そしてこの壁を破ったとしても、飽きるというもっとも単純かつ人間が持つ大きな感情の一つ飽きるが続けることを阻んでくるのです。

なので続けることは簡単ではなく、相当の覚悟を決め、様々な工夫をするべきことなのです。

じゃあどうすればいいの?

それが正直な反応だと思います。それでは、続ける人間になるために私がやったことを皆さんにご紹介したいと思います。

まず1つ目が、誘惑を遠ざけるです。当たり前っちゃ当たり前ですよね。でもこれは必須なんです。もし、勉強をしようと思ったら、スマホやベッドから離れることが必要なのです。

だから私はベッドやテレビのある部屋では基本勉強しませんし、勉強するときはスマホは別の部屋に置いています。

こんな当たり前のことから一つ一つこなしてやっと続けられるのです。

そして2つ目に私が心掛けていることがあります。それは、完璧主義にならないということです。日本人はその気質上真面目なので、一日これだけやると決めるとそれだけしっかりやらないと、ダメだと思ってしまいがちです。でも実際は、電話であったり、ほかのことに時間を取られ計画通りにいかないことは多々あります。

そして計画が失敗するとピタッとやめてしまうようなのです。

だから私は基本0にさえならなければ全然いいというスタンスで勉強などをしています。一日10分でもそのことを考えるだけで、次の日につながる可能性がアップするのです。

そして3つ目が、記録を取るということ。例えばダイエットなどをするときは必ずやった日をメモり、体重なども細かく調べてメモリます。人間やっぱり結果が目に見えないと続ける意欲がわいてこないものです。だから私は必ず、成果を視覚化することを心がけるのです。

4つ目は自分へのご褒美です。やはり人間努力したら何か報酬が欲しいですよね。でも他人はほかの人の努力に簡単には報酬はくれません。だったら自分であげればいいのです。

そして最後に、心がけの問題です。これは必ず1週間は続けようということです。1週間も同じことをやっていると、やらないと気持ち悪いという状態がやってきます。そうなってくるとこっちのもんで、続けることが容易になるのです。このやらないことへの違和感が出てくるまではなんとしても続けるという覚悟を決めましょう

もし自分の意志だけで無理そうならツイッターなどのSNSで目標を発表してしまい、できなかったら恥ずかしいという自分への制約を作るのも効果的だと思います。

まとめ

いかかでしたでしょうか。本当に当たり前のことを書いただけなのですが、続けられない人がたくさんいることを鑑みると、やはりこれらの当たり前のことができていない人が多いのではないかと思います。

しかし、この当たり前のことができるようになると非常にチャンスになります。ほかの人が身に着けられない技術であったり、スキルを手に入れることができるかもしれません。

ぜひこれを機会に何か新しいことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


masa

それじゃーばいびー!

ABOUT ME
masa
こんにちは、masaです。 阪大薬学部出身です。できる限り皆さんのお役に立つ、面白い記事を書いていこうと思っています。よろしくお願いします。 詳しいプロフィールはこちら