大学入試

元阪大生が九州大学の入試問題を解いてみた。(2021年)

masa
どうもmasaです。

お仕事お疲れ様です。そして受験生の皆さん勉強お疲れ様です。

今日は二年前から行っている入試問題を解いてみたをやってみました。

今回解いたのは九州大学の問題です。難しい問題も多いですが、いい問題(学びが多い)も多かったです。

それではどうぞ。

元阪大生が九州大学の入試問題を解いてみた。(2021年)

まず第一問はベクトルですね。ベクトルは苦手な方も多いですが、基本的な事項と計算力があればある程度ごり押しで行けるところもあるので、青チャートなんかを使って基本的な事項を押さえましょう。

とはいえ(1)は解けましたが、(2)は解けませんでした。

私の解答☟

第二問は三角関数を含んだ二次方程式の問題です。一見二次方程式に三角関数が混じっているのでおっとなりますが、三角関数はおまけみたいなものです。

(1)は簡単ですが、(2)が解けるかが合否の分かれ目ではないでしょうか。まず二次方程式の異なる2つの虚数解は共役の複素数になることを押さえていなくてはいけません。そこから図が思いついたら解けるでしょう。(3)も難しいですが、(2)が解けていれば解けると思います。

私の解答☟

第三問は関数と積分の問題。

(2)は計算問題で(1)が解けたら解けると思うのですが、(1)の意味が解るかが問題です。

この問題では右辺をtの関数とみてその最小値より小さい部分が求める範囲です。領域を求める問題に慣れてなかったらきつかったかもしれません。

 

 

第四問は平均値の性質を持つという見慣れない問題。この手の問題はその場で問題文の意味が理解できるかが問われるので、典型問題しか解いてない人にとっては解きづらかったかもしれません。

この手の問題は、日ごろから問題の裏にある背景をしっかり理解しておくことが大切です。

私の解答☟

第五問は組み合わせと整数の問題です。(1)は気づけば簡単ですが、(2)は手ごわく私も解答不能でした。とにかく(1)をとれることが大切だと思います。

私の解答☟

◎私の講評
・レベル的にはやや難化
・6~7割取ることが目標(医学部を除いて)
・日ごろから典型問題だけでなく、思考力を試す問題にも
チャレンジすることが必要

まとめ

私の結果は大体3半2完でした。大体7割程度ですかね。ただ、時間もあいまいで、家で解いているので、実際試験場で解いたら絶対こんな取れてないですね。

大体6割取れれば十分だと思います。

今回受験でうまくいった人はそのまま勉強をし続けてほしいと思いますし、今回不幸にも失敗してしまった人は、この経験糧に前を向いてほしいと思います。

今は受験の結果しか見えないかもしれませんが、受験は人生における一過程にすぎません。

人間万事塞翁が馬という言葉があるように、何が功を奏すかわかりません。

これは年寄りの戯言として受けとめておいてくださいw

masa
それじゃーばいびー!

これから受験生になる方は☟の記事もどうぞ

  • この記事を書いた人

masa

こんにちは、masaです。 阪大薬学部出身です。できる限り皆さんのお役に立つ、面白い記事を書いていこうと思っています。よろしくお願いします。 詳しいプロフィールはこちら

-大学入試