将棋・麻雀

【麻雀初心者向け】麻雀の守りの戦術を身につけよう。(そばテンとは)

masa
どうもmasaです。

今日もやっていきました。

天鳳。

はまってしまっていますね。

麻雀はやればやるだけ奥が深いゲームなので、どうしてもやりこみたいという気持ちが出てしまいます。

そんな今日も麻雀の守りの戦術を身につけるというテーマで初心者の方に情報発信したいと思います。

今日はよく聞くそばテンというものです。

それではどうぞ。

【麻雀初心者向け】麻雀の守りの戦術を身につけよう。(そばテンとは)

そばテンとは

そばテンとはその名の通り、捨てた牌のそばの牌があたりになるケースが多いということです。

これについて考えていきたいのですが、実際なぜなのでしょうか。

それはこんなケースを考えればわかるかもしれません。

まずを捨ててリーチしていたとします。この場合もし手一杯に牌を持っていたとしたらとかで待っていてを切り出した可能性があるということなのです。そうすると当然などは危険な牌ということになります。これがそばテンになるということです。ただもちろん先ほどの形から が入っててんぱったという可能性も全然あるので、必ずリーチ宣言牌の近くが危ないとは限りません。

ただ一応上のようなケースがあるためそばテンは意識しておいたほうがいいというものなのです。

これを裏スジの考え方とくっつけて考えると危険な牌が見えてくることがあります。

どういう事かといいますと、序盤でを捨てていて、リーチ宣言牌がだった場合、よりそのそばテン特に裏スジとなるは危険な牌となります。(裏スジについては☟)

というのもという真ん中の牌を切っているにも関わらず、を大事に抱え込んでいたからにはその近くの牌をほかにも持っている場合が多いからです。

基本的には麻雀はうちに寄せていくのが基本です。(タンヤオになりやすいという意味もあります。)なのにそれに反して外側の牌をため込んでいるというのは何か意味がある可能性が高いということです。

もちろんプロの方や上級者の方はこれらは既知なので、あえて残して手作りということも考えられますが、初心者、中級者の場合は手一杯に手を作るのが基本なので、やはり外スジは危険ということになるのです。

まとめ

今日はそばテンについての記事を書いていきました。

結局そばテンだったら一応意識するというあいまいな結論とはなってしまいましたが、麻雀は手牌が見えない不確定な部分が多いゲームなので、このようになってしまいます。

しかしだからこそ麻雀は素人がプロに勝ってしまったりするという面白いゲームなので、ぜひこの機会にいろいろ覚えて麻雀の虜になってもらえたら幸いです。

それでは楽しい麻雀ライフを。

masa
それじゃーばいびー!
  • この記事を書いた人

masa

こんにちは、masaです。 阪大薬学部出身です。できる限り皆さんのお役に立つ、面白い記事を書いていこうと思っています。よろしくお願いします。 詳しいプロフィールはこちら

-将棋・麻雀