大学入試

【大学受験生必見】お勧め数学参考書5選

masa
どうもmasaです。

久しぶりのブログ更新です。

今日のテーマはお勧め数学参考書です。

数学の参考書はとにかくレベルが自分に合っていないものを選ぶと数学を嫌いになるだけでなく、

点数も上がってこないと思いますので、今回は滑らかに接続できるものを選びました。

それではどうぞ。

【大学受験生必見】お勧め数学参考書5選

マセマシリーズ

まず一つ目のお勧め参考書がマセマシリーズです。

これは数学が苦手な人や教科書を読んでもよくわからない人などが重宝する参考書です。

会話形式で、その単元の基礎となる問題を解説してくれているので、とても分かりやすく

いい感じだと思います。

私は学校の先生の授業が分からなかったので、ほとんどこの本で独学しましたが、独学する人にとってもこの本は

良書だと思います。

 青チャート

次にお勧めするのは数学の王道的参考書ともいえる青チャートです。

青チャートは言わずと知れた数学の素晴らしい問題集ですが、

私は国立薬学部出身ですが、受験の最後の最後までお世話になりました。

赤チャートや黄チャート、白チャートもあり、レベルにあったものを選べるのもこのシリーズの良いところだと思います

参考偏差値を55→65まで10上げた青チャートの使い方

続きを見る

大学への数学一対一対応

次にお勧めするのは大学への数学シリーズの一つ、大学への数学一対一対応です。

これも受験数学界では結構有名な参考書だと思います。

青チャートで解法を暗記しただけだとどうしても入試でどのように使ったらいいかがわからなくなるのですが、

この本は青チャートレベルから大学入試の数学の問題を解けるレベルへと引き上げてくれる良書です。

 

やさしい理系数学

次にお勧めする参考書がやさしい理系数学です。この参考書はやさ理とも呼ばれています。

名前はやさしいとついているのですが、かなりレベルが高く全くやさしくない参考書です。

ただ数学を勉強する人にとっては良書で、難関国立を受験する人にとってバイブル的な問題集でもあります。

テーマごとに分かれており50題の練習問題と250題の応用問題がついています。どの問題も歯ごたえがあるが難関国立では標準レベルの

良問となってます。この問題までやれればどの大学にも対応できる力がつくと思います。

 大学への数学(月刊誌)

最後に挙げるのが大学への数学(月刊誌)です。こちらも数学受験界では有名ですね。

月ごとにテーマがあり、数学を勉強しているものにとっては知的好奇心をそそる良問がそろっています。

また大学への数学シリーズの秀逸なところは解法で、スマートな解法が示されており、それだけで読む価値あると思います。

最後のページにある学力コンテストは数学を勉強するものにとっては最高の試験の場となります。

私も何度か応募しまして、何度か名前を刻むことができました。

まとめ

今回は大学受験のお勧めの参考書を5つ紹介させていただきました。

他にもいい参考書はありますが、実際私が軸として使っていた参考書がこちらの5つとなります。

全て良い参考書だと思いますし、これらを適切に使えれば必ずどの大学でも戦える力がつくと思います。

受験は長丁場の戦いになりますが、ぜひ楽しむということを忘れずに受験生の方には勉強を続けてほしいと思います。

masa
それじゃーばいびー!
  • この記事を書いた人

masa

こんにちは、masaです。 阪大薬学部出身です。できる限り皆さんのお役に立つ、面白い記事を書いていこうと思っています。よろしくお願いします。 詳しいプロフィールはこちら

-大学入試