大学入試

【受験生必見】化学で困ったらこれを読んだらいい。難関大受験生必読書 「化学の新研究」

masa
どうもmasaです。

今日は受験シリーズです。

皆さん化学に対するイメージってどうですか。

自分が受験生だったころを考えると化学が嫌いだった子って結構いた気がします。

そんな化学嫌いにも朗報です。今日紹介する参考書 化学の新研究を読めば化学に対する疑問が9割以上

解決されます。

それではどうぞ。

【受験生必見】化学で困ったらこれを読んだらいい。難関大受験生必読書 「化学の新研究」

化学の新研究とは?

化学の新研究とは何かということなのですが。一言でいうと高校化学の辞書的な参考書です。

 

しかも単に化学用語を網羅的に説明しているわけではなく、しっかりと高校化学の内容を順序だてて解説しています。

受験レベルでもこの本に載っていないことが出ることはないというくらい内容が充実しています。

 

化学の新研究をお勧めする読者層

この本は高校化学の辞書といってもいいくらいの本なので、だれが読んでも理解できるように工夫されているのですが、

逆に網羅しすぎていて何が大切かわからなくなる人も出てきそうなので、読んだほうがいいと思われる読者層について言及しておきます。

やはり化学の偏差値が60近くあることが前提だと思います。あと難関大学を受験する方。はっきり言って難関大学を受験しない人にとってはオーバーワークだと思います。

ただ化学が好きでいろいろ知りたいという好奇心旺盛な高校生にはぜひ読んでもらいたい一冊だと思います。

 

化学の新研究の使い方

化学の新研究の使い方ですが、まずは一度通読してみるのがいいと思います。

そうすると高校化学のほぼすべての内容を網羅できると思います。

そんな時間がないよーという人は問題集などを解いてわからなかった内容のところだけ拾い読みするだけでもかなりの力がつくと思います。

特にこの本と相性がいい問題集としては、化学の新演習があります。

というのもこの問題集は化学の新研究と同じ著者が書いているからです。

同じ著者が書いている本は考え方が一貫しているので理解しやすいと思います。

この問題集と参考書の知識を理解できれば難関大学でも十分すぎるほどの知識がつきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?この本は化学好きの高校生にとってはたまらない参考書だと思います。

ぜひ今まで存在を知らなかった、または知っていたけど購入を躊躇していたという方は、この機会に購入の検討を

してみることをお勧めします。

化学という科目は暗記科目で面白くない科目と感じるかもしれませんが、実際は理論で構築されたとても面白い科目ですので、

ぜひ楽しんで勉強してほしいと思います。

masa
それじゃーばいびー!
  • この記事を書いた人

masa

こんにちは、masaです。 阪大薬学部出身です。できる限り皆さんのお役に立つ、面白い記事を書いていこうと思っています。よろしくお願いします。 詳しいプロフィールはこちら

-大学入試